ページトップへ

音楽探偵バッハの事件録 file.2「鍵の掛かった箱とショパン」

公演情報 やしろ国際学習塾

■日時
2021年8月8日(日) 13:30開場/14:00開演

■入場料
一般 1,500円 小学生以下 800円 (友の会 各300円引)

全席指定  定員80名程度 ※4歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。

【♪ 鉛筆・ボールペン・消しゴムをご持参ください ♪】

 

ご注意
※お席はお選びいただけません。
※謎解き(60分)があるので、小学4年生以上の方を推奨いたします。もちろんクイズ好きのおとなの方にもおすすめです。
※家族や友だちと協力して謎を解くのもオススメです。
※友の会会員は、一会員につき5枚まで割引き価格で購入いただけます。

 

→チラシ(PDF)

 

加東市制15周年記念
やしろ国際学習塾開館30周年記念

 

●「音楽探偵バッハの事件録」とは・・・

クラシック音楽×演奏会×謎解き~新感覚の謎解き付きコンサート~

「音楽探偵バッハ」は、観客の皆さんが参加して謎を解き明かす“謎解き”と〝演劇〟そして〝コンサート〟の魅力が詰まった、一粒で三度おいしいイベントです。
謎のテーマは、ずばり〝ピアノの詩人〟ショパン。
名曲が散りばめられたストーリーが進むにつれ、浮かび上がる謎。

皆さんには、ヒントを手掛かりに「謎解き」に挑んでいただきます。
後半、バッハ探偵による答え合わせの後に改めて聴くショパンは、さらに興味深くなっていることでしょう。
クラシック音楽に、「謎解き」を通して迫る「音楽探偵バッハ」。

参加いただく皆さんこそが、「音楽探偵バッハ」なのです。

 

●今回の「ものがたり」

クラシック音楽にまつわる謎や事件を専門に扱う、音楽探偵バッハ。

ある日、人気のファッションデザイナー・村上香織が事務所を訪れてきた。
彼女は、鍵のかかった小さな箱を取り出すと、依頼を口にする。

「この箱を開けて欲しいのです」

どうやら、彼女の恋人である星野誠司が、その箱を残して姿を消したらしい。
箱の隙間には、メモがはさんであり、何やら意味不明な数字が書かれている。

これは別れのメッセージか?それとも・・・。
そして、箱の中には一体何が入っているのか?

美しいショパンの旋律をもとに展開される、謎解きミステリーが、いま始まる・・・。

 

 

出 演

村山 裕希(音楽探偵バッハ)/城村奈都子(助手 セバスチャン)

 

発売日

◎友の会web先行受付 7月1日(木) 12:00~7月5日(月)12:00(予定)

 ⇒【Web予約ページ 7/1 12:00オープン】 

※会員番号をご用意ください。
※お席は選べません。

◎友の会・一般  7/10(土)

[発売初日]【窓口】9:00~ 【電話予約】13:00~

※申し込みは、1名様5枚まで可能。 友の会割引は、1会員様5枚まで。

 

発売窓口

やしろ国際学習塾 TEL.0795-42-7700

 

主催

(公財)加東文化振興財団

 

後援

加東市教育委員会

 

企画

七国プランニング

 

制作協力

西宮市フレンテホール
 

本公演は、「HPP(兵庫県プロデューサー・パートナーシップ)」により開催する公演です。

HPPとは、兵庫県下の公立文化施設の実務担当者が、自主文化事業について情報交換・相互研修するために自主的に集まる場である「兵庫県立文化ホール自主文化事業担当プロデューサー会議」のことであり、本公演はその参加館が協力して実施する公演です。

 

お問い合せ

(公財)加東文化振興財団  (受付時間 9:00-17:00)
〒673-1495 兵庫県加東市上三草1175 ☎0795-42-7700(休館日 水・祝日の翌日)